弾き語り教室 レッスン風景

喉と声を守る習慣を身につけよう!!

LiveArtボーカル講師,弾き語り講師の金武です。

冬は風邪、花粉症、寒さで鼻水が出たり、鼻が詰まることも多いと思います。

だからこそ喉と声を守るケアが大切です。

弾き語りしている方々、ボーカリストの皆さん、

今日のブログが参考になればと思います!

ボーカリストは冬が天敵

歌うとき、普段の生活、そんな時に鼻が詰まった状態で過ごしていると…

  • 口呼吸が多くなる
  • 喉周りが乾燥する
  • 声がドライになる
  • 声が枯れやすくなる

特に、寝ているときの口呼吸は、

歌い手にとって1番の敵と言ってもいいかもしれません。

ボーカリストは寝ているだけで水分が失われます

寝ているだけで、汗をかきを体の水分量は減っていきます。

約500mlの水分が失われています。

時には1リットルの水分が失われる事も。

なので…起きると体はカラカラになっています。

さらに口呼吸になると、一気に口、喉の乾燥が進んでしまいます。

ボーカリストは耳鼻咽喉科などで治療や対策が大切

慢性的な鼻炎や花粉症の方はもちろん、突発的に悩んでいる方も、

ぜひ耳鼻咽喉科などで治療や対策をしてくださいね!

その上で、寝るときの姿勢、枕の角度などで、呼吸のしやすさが変わってきます。

骨格や体型で、適切な角度や向きは違います。

あまり気にしたことがない方は一度しっかり検証してみることをお強く勧めします!

自分の思いを表現するための大事な楽器です。

自分なりに喉を、声を守る習慣づけを、していきましょうね!

マスクや水分補給が大切です!

ボーカル教室 レッスン風景

この記事を執筆した
LiveArtボーカル教室について

  • 歌との出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ボーカルの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

通いやすい場所をお選び下さい!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!