ドラムレッスン

LiveArtドラム教室、ドラムコース担当の杉原正太です!

今日はドラムに関する注意点を話そうと思います。

ドラムセッティングは座った状態で!

ドラムを叩く時まず何からやるか、

セッティングですね。

スタジオに置いてある常設のドラムセットなどを叩く時でもセッティングは必要です。

シンバルの高さ、角度、

スネアやタムの高さ、角度、

ハイハットの位置、開き具合、

など人それぞれなので、自分にあったセッティングを心がけましょう!

ここでワンポイントアドバイス!

セッティング時は出来るだけ、
椅子に座った状態でセッティングしましょう!

立ち上がってシンバルの位置角度を直して座って、

確認して微妙にしっくりこなくて、、、

また立ち上がって角度変えて、、、

とかいろいろ無駄です笑

座ったまま手を伸ばして位置角度を調節すれば、

それだけで自分の思った場所にセッティングできますよ!

スタジオ、レッスンでも早くセッティングできれば、

それだけ長くドラムも叩けるしお得ですね!

杉原 正太

 

この記事を執筆したLiveArtドラム教室について

  • 楽器や歌との出会いで、充実の日々を。
  • 演奏の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • 音楽の楽しさと技術を。そして知識と経験を。

LiveArtドラム教室の大切にしているテーマです!!

音楽で笑顔な毎日が増えますように!!