ドラム教室 レッスン風景

LiveArtドラム教室講師の松岡健です!

ドラムを練習する際に必ず出てくるのが、Fillです。

フィルと呼びます。

なので、ドラムレッスンでも早い段階でFillを習うと思います。

その際に…

何気なく入れてませんか??

  • 先生から教えてくれたから叩く
  • 譜面に書いてあるから叩く

初心者は問題ありません♫

まずはFillを入れられるようにしましょ〜。

ですが!!

脱初心者を目指すのであれば、「Fillをなぜ叩くのか??」

ちょっと一緒に考えてみましょ〜!!

ちなみに、ドラム以外にもギターやピアノ等、他の楽器でもFillは使いますよ!

Fillとは??

フィルインFill-In、「埋める」の意)とは、主にドラムセット(広義ではギターピアノ等の伴奏も含まれる)における演奏技法である。 一定のパターン演奏を繰り返す中でパターンの最後、もしくは楽曲の繋ぎ目の1~2小節で即興的な演奏を入れ、変化をつけることを指し、楽曲のスパイス的な意味合いから日本ではオカズと呼ばれる。

引用;Wikipedia-フィルイン

つまり、

  • [Aメロ]から[Bメロ]への節目
  • [Bメロ]から[サビ]への節目
  • [サビ]から[間奏]への節目

上記のように曲の節目,節目に入れるのがFillです。

節目に入れるのが、もはや定番となっています!

基本パターンとFill。

ドラムは、この2つの要素の組み合わせが殆どです。

あとはバリエーションで無限大に展開が広がります♫

ちなみに、[Aメロ][Bメロ][サビ]etc…

これらのことを総称して[セクション]と呼びます。

なので…Fillとは[セクション]の節目に叩くフレーズの事です。

ドラム教室 レッスン風景

なぜFillを入れるのか?

Fillは入れなくても、もちろん大丈夫です。

あえて入れない場合もあります。

ですが皆さんの場合は、Fillを入れられるようになった方が絶対に良いです!

なぜなら定番だからです。

  • 上の歯を磨いたら下の歯を磨くように
  • 右の靴下履いたら左の靴下履くように

上の歯磨いて下の歯を磨かなかったら、気持ち悪いですよねwww

つまり少し大袈裟ですが、セクションの節目にFillを入れないと気持ち悪いと感じても良い位です。

そして、Fillをセクションの節目に叩いてくれると思っているメンバーも多いです。

[Fill待ち]って言葉がある位です。

[Fill待ち]とは、ドラマーがFillを入れたら次のセクションへ入る。という事。

その位、定番なのがFillです!

まずはセクションの節目にFillを入れましょ〜!!

Fillは楽しいですよ♫

奥田民生『イージュー★ライダー』

では一つ例を出します!

大好きな曲です♫


ドラム教室 イージュー★ライダーでFillの説明


ドラム教室 イージュー★ライダーでFillの説明2


intro1に入る前のフレーズがFillです。

intro2に入る前のフレーズもFillです。

つまり、譜面を見ると分かりやすいと思いますが、ほぼ全部のセクションの節目に入っています。

そして大切なのは…

Fillは次のセクションを誘うイメージで叩く!

です!

つまりAメロからBメロに入る時にFillを入れる際は、

「次はBメロだよ〜!」

みたいなイメージで叩くと凄く良いです。

まとめ

「Fillをなぜ叩くのか??」

ここまで読んでくれたら、皆さん自身で何とな〜くFillを入れる理由が分かったのではないでしょうか??

何事も自分自身で感じることが大切!!

ピンとこなくても大丈夫。

特に初心者は難しく考えすぎず、Fillを練習しましょう♫

もう少し書きたいことがあるので、次回にします〜。

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

ドラムレッスン風景3

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ドラムの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

場所を選べるドラム教室。
スティック貸し出しあり!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!