LiveArtドラム教室講師のセッテイング

LiveArtドラム教室講師の合原晋平です!

今回はセッティング時のワンポイントアドバイスを。

ドラマーにとってドラムセットのセッティングはとても大事な事です。

セッティング次第で叩けなかったプレイも叩ける事もあります。

今回はスネアドラムのセッティングに焦点を置かせていただきます!

ドラム教室 レッスン風景

スネアドラムのセッティング

ドラムを初めたばかりの方で多く見られるのは、、

  1. 自分側に大きく傾き過ぎている
  2. 極端に低い
  3. 1.2の両方

です。

読んで、「あっ!」って思った方はセッティングを変えてみましょう!

スネアはおヘソ辺りにセッティング

スティックを振り上げて下ろした時に、スピード、パワーが1番のるポジションは何処か??

それは、おヘソの辺りと言われいます。

実際に私はおヘソの位置より少し高めです。

また、スネアとタムの距離を近くできるので速めのbpmの曲のフィルインなどが、かなりスムーズになります。

  • 大きい音を出すのに力んでしまう
  • フィルイン時のタム移動が上手くいかない

こんな悩みがある方は一度試してみてください!

ドラム教室 レッスン風景

好きなドラマーのセッティングを細部までマネる

あとは自分の好きなドラマーを見つけてその人のセッティングを細部までマネしてみる…これもおススメです!

セッティングはその人の体格などによって大分変わってくる場合もあるのであくまで参考の1つとしてご参照ください!

最後に自分の参考にしているセッティングを紹介します!

ワンタム時はJost Nickel氏

オススメのドラムセッテイング Jost Nickel

ツータム時はKeith carlock氏です!

オススメのドラム Keith carlock

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ドラムの楽しさと技術を。音楽の知識と経験を。

場所を選べるドラム教室。
スティック貸し出しあり!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。