LiveArtセッション様子

LiveArt音楽教室の松岡 健です。

今日は曲のテンポ。つまりスピードの話です。

練習曲が速い場合は苦戦必死だと思います。

ですが、原曲のスピードで完成しないと披露は駄目という事はありません。

「ゆっくりなら何となく出来るんだよなぁ」って段階まで頑張ったら、皆と音合わせしちゃいましょう!

そんな内容です♫

LiveArtセッション様子

原曲のスピードじゃなくても大丈夫!!

皆さんは原曲のスピードじゃないと披露できないと思っていませんか??

そんな事はありませんwww

原曲のスピードで演奏出来たほうが良いのは当たり前ですが、ゆっくりスピードでも大丈夫。

ゆっくりスピードで最初から最後まで演奏できたら、積極的に皆と音合わせしちゃいましょう!

それから徐々に個人練&バンド連しながら、原曲のスピードでも演奏出来るようにしましょ〜。

原曲のスピードより気持ちの統一が大切

セッションやスタジオで皆と合わせる際に素直に、

「原曲より少しスピード落とします〜。すいません〜。」

とか、

「ちょっとゆっくりバージョンで演奏しませんか??」

とか正直に言えば大丈夫!

そこを気にするメンバーは居ないと思うし、逆に心の中でホッとするメンバーも居ると思います♫

「提案してくれてありがと〜。私もゆっくりバージョンでやりたかった〜。」

みたいな流れは、セッションあるあるですwww

つまり…気持ちが統一してれば大丈夫。

メンバー間で同じ気持ちで演奏が出来ていれば良いという事です。

その方が、聴いている方も気持ち良いと思います。

LiveArtセッション様子

原曲スピードへのチャレンジも忘れずに!

ゆっくりバージョンで慣れてきたら必ず原曲のスピードに近づけましょう。

諦めたら成長が止まります!!

ゆっくりバージョンで皆と演奏することは妥協ではなく…

原曲スピードで演奏するための練習方法の一つです。

そして出来た時の達成感は凄く気持ち良いと思います♫

音楽やってて良かったなぁと感じる瞬間かもしれませんね!

まとめ

いかがでしょうか??

原曲スピードに意識しすぎて披露するのを躊躇ってた方々に響けば良いなと思います。

LiveArtセッションは原曲スピードを気にしてません。

(スピード)より(披露しよう)と行動に出た皆さんの勇気を知っているからです。

そして披露しながら原曲スピードに近づける練習をしましょう!


こちらのブログも参考にどうぞ!

この記事を執筆した
LiveArt音楽教室について

  • 楽器や歌との出会いで、充実の日々を。
  • 演奏の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • 音楽の楽しさと技術を。そして知識と経験を。

通いやすい場所をお選び下さい!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

習いたい教室をお選び下さい!

ボーカル教室、ギター教室、ウクレレ教室、
ベース教室、ピアノ教室、キーボード教室、
ドラム教室、弾き語り教室、カラオケ上達教室、
パーカッション教室(秋葉原のみ)。

無料体験レッスン受付中!