ピアノ教室 レッスン風景

LiveArtキーボード教室の小岩伸也です。

今日は鍵盤楽器の「強弱について」話をさせていただきます。

鍵盤をどんな力で押しても同じ音量で鳴るのがチェンバロ、チェレスタ、オルガン

ピアノの鍵盤は弱く押せば弱い音、強く押せば強い音が出るのは当たり前のことですが、実は多くの鍵盤楽器が鍵盤を押す力で強弱が付けられないのです。

  • ピアノの先祖チェンバロ
  • ベルのような音色のチェレスタ
  • オルガン

これらは鍵盤をどんな力で押しても同じ音量で鳴ります。

チェンバロやチェレスタがあまり今では使われないのも、これが大きな要因になっています。

ピアノレッスン風景2

パイプオルガンは音の出口のシャッターを開閉してコントロール出来る

では今でも耳にする機会の多いオルガンはどうなのか…?

教会などにあるパイプオルガンは、音が出るシャッターを開閉してコントロール出来るようになっています。

ジャズ等で使う電子オルガンは、ボリュームペダル(エクスプレッションペダルとも言う)を利用し音量をコントロールします

なので、ピアノのペダル(サスティンペダル)とは全く違う操作になるので、少々慣れるまでに時間がかかるかもしれません…。

サスティンペダルの選び方と同様、鍵盤とペダルは同じメーカーに揃えることをオススメします。

ご購入の参考にしてみてください♪

小岩伸也の使用機材紹介

自分のライブで使用するキーボードは、スウェーデンのClavia社”Nord Electro 4”です。

日本の代理店はYAMAHAです。

ホームページを調べてみると、YAMAHAのペダルをオススメとの事。

自分はサスティンペダルは「FC3A」、ボリュームペダルは「FC7」を使用しています。

キーボード教室 レッスン風景

この記事を執筆した
LiveArtキーボード教室について

  • キーボードの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • キーボードの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

場所を選べるキーボード教室。
キーボード貸し出しあり!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!