ドラムレッスン風景

LiveArtドラム教室の松岡健です!

今日はスティックケースの話。

スティックをケースに入れたり戻したりしますよね??

その際は持つ側を上にしましょう!

そしたら…

  • ケースを開けたら直ぐに叩けます♫
  • スティックを落としても直ぐに出せます♫

ドラム生徒さんが意外と気にしていないようなのでブログにも書こうと思いました〜!

是非読んで下さいね!

スティックは持つ側を上にしてケースに入れよう!

まずは写真を御覧下さい。

スティックの入れ方。良い例

スティックケース スティックの入れ方

殆どのスティックケースは写真のようにフロアタムに引っ掛ける事が出来ます♫

持つ側を上に入れると、もし演奏中にスティック落としても直ぐに取り出せます。

スティックの入れ方。悪い例スティックケース スティックの入れ方2

この入れ方だと落とした時に直ぐに叩けません。

入れ直しましょ〜!

スティックの入れ方。おまけ

スティックケース スティックの入れ方3

このスティックケースは、TAMA ( タマ ) / STB10です。

自分も使ってました。

安くてシンプルで初めてスティックケースを買う方にもオススメです。

おまけですが…写真のように蓋の部分に

  • チューニングキー
  • スマホ

自分は入れてました〜。

何気に便利だったので活用方法の一つとして紹介します。

まとめ

スティック落とすことは悪いことではありません!

でも備えあれば憂いなし!

個人練だと気にしなくて良いですが、liveやセッションではしっかりと備えましょ〜。

メンバーや自分自身の為に!

ドラム教室 レッスン風景

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ドラムの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

通いやすい場所をお選び下さい!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!