キーボード教室レッスン風景1

キーボードの内蔵音源についての工夫!

LiveArtキーボード教室の小岩伸也です。

本日はキーボードの内蔵音源について話したいと思います。

キーボードの音源とは?

キーボードに内蔵されている様々な楽器の音色は、録音されたサンプルを鍵盤に割り振って鳴らしています。

ただ、ピアノので言うと、88ある鍵盤のすべての音程を録音しているとも限らないんです。

でも88の音程の音が鳴ります。

どういう仕組みなのか…?

キーボードには音程をずらす”ピッチベンド”という機能があります。

これを利用し、録音サンプルの音程をずらし鳴らします。

例えると、”ド”の音だけ録音し、左右のお隣の”シ”や”レ”の音をピッチベンドを使って割り当てる、といった感じです。

なぜそんな面倒なことをするのか…?

サンプルが多いとデータ量が多くなるので、記憶する装置も大きいものが必要になってしまいます。

するとお値段も高くなり、キーボードのサイズも大きくなってしまいます。

先ほどの例で言うと、”シ”と”レ”の音を録音していないので、データが1/3の量で済むことになります。

お手軽なキーボードにはこんな工夫がされているんですね(^^)

キーボード教室レッスン風景2

 

この記事を執筆した
LiveArtキーボード教室について

  • キーボードとの出会いで、充実の日々を。
  • キーボードの奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • キーボードの楽しさと技術を。音楽の知識と経験を。

音楽で笑顔な毎日が増えますように!

♫無料体験レッスン受付中♫

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

通いやすい場所をお選び下さい!