ウクレレ・マリーゴールド

LiveArtウクレレ教室のAsaTakuです!

今回はあいみょんさんの名曲「マリーゴールド」をアコースティックアレンジでウクレレ伴奏しました。
バッキング(伴奏)をウクレレで、唄のメロディをガットギターで弾いてみました。

オリジナルウクレレ楽譜もアップしますので、ウクレレ練習に役立ったら幸いです!

覚えるコードも「D・A・B-7・F#-・G」5つと少ないのでオススメです!
コードの押さえ方もTAB譜で載せていますので是非参考にしてくださいね。


  1. マリーゴールド・ウクレレ伴奏動画
  2. ウクレレ楽譜・TAB譜
  3. ウクレレ演奏・2つの注意点
  4. マリーゴールドを実際に演奏するには

マリーゴールド
ウクレレ伴奏動画

マリーゴールド
ウクレレ楽譜・TAB譜


マリーゴールド_ウクレレ楽譜1


マリーゴールド_ウクレレ楽譜2


マリーゴールド
ウクレレ演奏・注意点

今回注意して弾いてほしいポイントは2つ。

  1. 今回使うコードは他の曲でもよく使う基本のコード!
  2. 曲の盛り上がり方に合わせて弾き方を変えてみよう!

1,今回使うコードは他の曲でもよく使う基本のコード!

まず、今回使うコードは色々な曲を演奏していく上で基本となるコードです。
今回使うコードを覚えてしまえば、
「他の曲をやりたい!」となった時にも使えるコードばかり。
マリーゴールドを練習して一気にレベルアップしてしまいましょう!

ウクレレでコードを押さえるときのコツは指の関節を立てること!
指が寝てしまっている状態ではうまく弦を抑えられないので、注意しながら練習しましょう。
マリーゴールド,ウクレレ伴奏

2,曲の盛り上がり方に合わせて弾き方を変えてみよう!

大抵の曲は、1曲の中でも盛り上がる場所や静かになる場所があったりするもの。
それに合わせてウクレレの弾き方を変えるというのも重要なポイントです。

特に注意したいのが「間奏2」の後の「サビ」の部分の8小節です。

今までとは違く、静かにポロロ~ンと弾いており、静かな雰囲気にしています。
ここがいわゆる「落ちサビ」です。

曲の中で抑揚をつけるため同じコードでも弾き方を変えることで、曲にメリハリをつけているのです。

色んな曲にこの「落ちサビ」というのが使われています。
是非ウクレレ動画に合わせて弾いてみましょう!
これを機会にマリゴールドウクレレ伴奏をマスターしてしまいましょう!

マリーゴールド,ウクレレ伴奏のコツ

マリーゴールド
実際に演奏するには

ウクレレがある程度弾けるようになったら、他のコースの生徒さんたちと演奏してみましょう!
LiveArtウクレレ教室は月イチのペースでセッションイベントを開催しており、バンド演奏を行う楽しさを実感していただいております。
どのような雰囲気なのかはイベントの様子を記載した下記ブログをどうぞ。

この記事を執筆した
LiveArtウクレレ教室について

  • ウクレレとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ウクレレの楽しさと技術を。そして知識と経験を

場所を選べるウクレレ教室
ウクレレ貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加