LiveArtウクレレ教室講師のAsaTakuです!

今回は松任谷由実さん(荒井由実さん)の名曲「ルージュの伝言」をアコースティックアレンジで演奏してみました。
バッキング(伴奏)をウクレレで、唄のメロディをガットギターで演奏しました。

オリジナルウクレレ楽譜もアップしますので、ウクレレ練習に役立ったら幸いです!

ルージュの伝言・ウクレレ練習について


  1. ルージュの伝言・ウクレレ伴奏動画
  2. ルージュの伝言・ウクレレ練習のコツ
  3. ウクレレ無料楽譜・TAB譜

1,ルージュの伝言
ウクレレ伴奏動画

今回、原曲のキーはEbなのですが、ウクレレで弾きやすいようにキーをCに変えて演奏しています。
覚えるコードも「C,A-(Am),F,G,Gsus」と少ないのでウクレレ初心者にもオススメです!

コードの押さえ方や右手のストロークのリズムもTAB譜で載せていますので是非参考にしてくださいね。

2,ルージュの伝言
ウクレレ練習のコツ

さて、今回の曲におけるポイントは「ミュートストローク」。

押さえるコードはウクレレにおいて基本のコードなのでそこまで難しくないですが、今回重要なのは右手のストローク!

ウクレレの伴奏をよく聞いてもらうとストロークの合間に「チャ!」という音が必ず小節の2拍目と4拍目に入っているが分かるでしょうか?

譜面でいうと「×」のマークが入っているリズムの場所になります。
バンドだと、ドラマーがスネアを叩くリズムの場所ですね。

弾き方としては、左手はコードを押さえたままで、右手の手首から掌にかけてを弦に触れて音を出ない状態(ミュートした状態)にして、指で弦を弾くという奏法になります。

この時、リズムが明確に出たほうがカッコいいので、ミュートしてストロークする時の右手は他のストロークよりもほんの気持ち勢いよくふり下ろしましょう。

だからといって絶対に力んではダメです!

普通のストロークをするときも同様ですが無駄な力は抜いてリラックスして右手のストロークはするように心がけましょう。

このミュートストロークを普段のストロークの中に混ぜることにより、普通に弾くよりもリズムが際立って、ノリのいい演奏になります!

今回のようにテンポの速い曲だけでなく、ゆっくりとした曲においても効果を発揮します!
この機会に是非挑戦してみてくださいね!

3,ルージュの伝言
無料楽譜・TAB譜


ルージュの伝言_ウクレレ無料楽譜1


ルージュの伝言_ウクレレ無料楽譜2


この記事を執筆した
LiveArtウクレレ教室について

  • ウクレレとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ウクレレの楽しさと技術を。そして知識と経験を

場所を選べるウクレレ教室
ウクレレ貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加