Liveart音楽教室_カラオケ上達教室_レッスン

LiveArt音楽教室、カラオケ上達講師のhiroです!

今日お伝えするのは「重心を低く歌おう」という事。
これがとても大事で、緊張すると…

  • 肩が上がってしまう
  • 入る酸素の量も減ってしまう

そして、肩が力むと…

  • 声帯さんも力んでしまう
  • 音程もズレてしまう
  • 息が続かなくなってしまう

という事があるのです…。

必ず、重心は低い所に持ってきて下さいね!

カラオケ上達のコツ/重心を低く歌おう!


  1. カラオケ上達のコツ/解説動画
  2. 歌がうまくなる方法/重心を低く歌おう
  3. まとめ
  4. 実際に歌うには

1,カラオケ上達のコツ
解説動画

「音程を」低くする…という訳ではないです。
「重心を」低くしましょう!

重心を低くすればするほど、高音は出しやすくなります
重心を下に持っていかないと、高音は出しづらいです

動画では井上陽水さんの少年時代を歌いました。

  • 重心を高く歌う
  • 重心を低く歌う

比較したので是非御覧下さい!


2,歌がうまくなる方法
重心を低く歌おう

分かりやすく言いますと、俳優さんがしゃべる時って重心が低くありません?
日本人がしゃべるとペラっなるかなと思いますが、もうちょっと低いイメージです。

洋画に出てくる外国人男性俳優さんが出す声

っていうのイメージして歌うと分かりやすいかなと思います!

歌がうまくなる方法イメージ胸の中央部分を押しながら歌うと…

「こっから出さなきゃいけないんだ〜」
「押しながら歌うと分かりやすい〜」

ってと感じる生徒さんも居ました。
骨と骨の間を押しすぎないように注意しましょう!

重心を下に持っていくだけで、声質が変わると思います。
お家で鼻歌でも良いので、歌を歌う時にやってみていただけたらなと思います。

歌がうまくなる方法,重心を低く歌おうイメージ


3,まとめ

動画はいかがでしたか?
重心を下にして声を出すとどういう事か…っていうのを同じ曲でも良いので試してみましょう!

「こっから出すとこういう事か〜」
「こっちから出すとこういう事か〜」

こんな自分の声があったんだぁという感覚を

  • 遊びながら
  • 楽しんでみながら

自分の身体を知っていただけたらなと思います。
という訳で今日は

重心を低く持って歌おう

というカラオケ上達のコツ、ワンポイントアドバイスでした。
伝わっていると良いなぁ〜。
ではまた皆さん、音楽ライフ楽しんでゆきましょ!

カラオケ上達法,まとめ


4,実際に歌うには

ある程度歌えるようになったら、他のコースの生徒さんたちと一緒に歌ってみましょう!
LiveArtカラオケ上達教室は月イチのペースでセッションイベントを開催しており、生バンドで歌う楽しさを実感していただいております。
どのような雰囲気なのかはイベントの様子を記載した下記ブログをどうぞ。

この記事を執筆した
LiveArtカラオケ上達教室について

  • カラオケで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • カラオケの楽しさと技術と経験を

場所を選べるカラオケ教室
ボイトレあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加