ドラム教室 親睦会

セッションに参加すると知らない曲に出会える!

LiveArt音楽教室の代表,ドラムカホン講師の松岡です。

10年以上前ですが、

セッション参加者がこの曲を歌ってました。

なんて!!良い曲なんだ!!

今でもその感動は忘れられません。

誰の曲か確認した所、

斉藤和義「歌うたいのバラッド」

この曲に出会えたのもセッションのおかげかも。

今日はそんな自分の経験も踏まえた内容です。

原曲を聴こう!

セッションで知らない曲を演奏する事は

皆さんもあるかもしれません。

セッションに来てくれた自分の生徒さんには、

シンプルな曲なら叩かせますし。

良い曲と感じたり、何だかピンとこない曲。

十人十色なので自分の感情に素直が一番です。

ですが多少気になった曲は…

原曲を聴きましょう!

セッションで演奏する場合はカバーが多いです。

なので原曲が存在する可能性が非常に高いです。

セッションリストに載っているかもしれませんが、

参加者に聞くのがコミュニケーションにも繋がるのでオススメします。

そこから会話に花が咲くかもしれませんし♫

原曲を聴いてから、

セッションで聴いたり、演奏すると、

感動の度合いが変わると思います。

好きな曲との出会いは素敵です♫

「良い曲だったなぁ〜。」

これで終わりにせず、

「良い曲ですね!誰の曲ですか??」

という流れにしましょ〜♫

聞かれた方も嬉しいと思います!!

自分なら嬉しいです!!


ちなみに、

自分はこの曲をセッションで他の方が演奏して知りました!

もちろん誰の曲か聴きました♫

Pat Metheny Trio. James 

 

美しいメロディです♫

インストの曲でも気になった曲ならば,

原曲を聴くクセを付けましょ〜!

この記事を執筆したLiveArt音楽教室について

  • 楽器や歌との出会いで、充実の日々を。
  • 演奏の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • 音楽の楽しさと技術を。そして知識と経験を。

LiveArt音楽教室の大切にしているテーマです!!

音楽で笑顔な毎日が増えますように!!