セッション風景

セッションのマナーやルールの話。まとめました♫

LiveArt音楽教室の松岡です。

2回に分けてセッションアドバイスの仕方を書きました。

まだ読んでない方は、良かったら!!



 

 

そして今日は、

セッションでNGな行動について

前回のブログでも少し書きましたが、

セッションマナーみたいな感じです。

お互いに楽しく演奏出来るのが何より。

その為にもルールやマナーを知っときましょう!!

ちなみに、

「セッション」も「ジャムセッション」も同じ事です♫

自分は「セッション」と言ってますが、

「ジャムセッション」と言っている方も多いですね!

セッションに数回でも経験した方々向けのブログです〜!


セッションマナー、1

ステージ上で練習しない!

余計な音は出さない!

練習は済ませておきましょう。

ステージ上は今から演奏する曲を口頭で確認する場だからです。

でも…

  • ドラマーがどの位の音量か…。
  • キーボードは聴こえるか…。
  • アンプの音量はどうすれば良いか…。

などなどあるので、

最低限の音出しは必要です♫

何となく、

「自分の音量はこんな感じですよ」

みたいなイメージです。

全く音を出さない人もいますがwww

  • ドラマーなら2〜4小節位パターンを叩いたり、
  • キーボードやギタリストはリフを1フレーズ弾いてみたり、
  • マイクの音量確かめたり、

自分と相手の為にも、

多少の音を出してセッションを始めましょう!


セッションマナー、2

譜面を持ち込みたい時は!

演奏したい譜面を持ち込むのは良い事です♫

ですが不明確な譜面を持ち込むことはNGです。

例えば….

バンドスコアをそのまま持ち込む。
歌詞とコードのみ書いてある。
表記が読めない&間違っている。
数枚譜面をテープ等で止めていない。

これらはNGです。

バンドスコアは個人練習用です。

歌詞とコードのみも個人練習用です。

表記が読めないと相手に伝わりません。

譜面が飛んでゆくのを事前に防止するためです。

譜面を書くというより、
写す方が多いと思います。

「セッションに適した譜面の写し方」

しっかり事前に確認しましょ〜!

皆さん笑顔で教えてくれますよ♫

このような譜面が良いです。


ジャムセッション用譜面1


ジャムセッション用譜面2


もちろん手書きで問題ありません♫

コードのフォントはもっと大きい方が良いですwww

色々な書き方と考え方があるので、

身近な方々に聞くと良いでしょう。

セッションで使った譜面をコピーしたい時は、

必ず許可を得ましょう♫


セッションマナー、3

お店のルールを把握する!
不安な事は事前に確認♫

お店独自のルールもあります。

事前にHPを確認するも良し、お店の人に聞くのも良し。

聞き方は、

「初めて来ましたが、知っておいた方が良いことってあります??」

みたいに聞けば良いと思います〜!

分からない事やふと思った事は確認するクセをつけましょう!

不安そうな方には、
教えてあげましょう♫

そして今度は教えてあげましょう♫

シンプルにハッピーの輪が広がると思います〜!!

まとめ

  • ステージで練習しない。
  • セッションに適した譜面の写し方を把握する。
  • ルールを事前に把握する。

他にもありますが、

自分が直接伝えた事が多いマナーです。

という事は知らない方々が多いのかなと…。

良かったら参考にして下さい!

知らない事は悪い事ではないです。

でも、

知ろうとする好奇心は大切です。

ギター風景

この記事を執筆したLiveArt音楽教室について

  • 楽器や歌との出会いで、充実の日々を。
  • 演奏の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • 音楽の楽しさと技術を。そして知識と経験を。

LiveArt音楽教室の大切にしているテーマです!!

音楽で笑顔な毎日が増えますように!!