音楽教室

セッション(初参加者)へのアドバイスの仕方!

LiveArt音楽教室の松岡健です。

セッションは経験者も未経験者も一緒になり、楽しむもの。

  • ピアニストがコード白玉のみで参加は素敵です。
  • ドラマーが8ビートのみで参加は素晴らしいです。
  • ボーカリストが初めて生バンドで歌うのも最高です。

これがセッションです。

なので慣れている人は温かい目で見守る事が大切です。

ですが…
難易度の高いアドバイスは危険です。

今日はセッションアドバイスについて書こうと思います。

楽器未経験者や初心者向けではありません〜!

セッション経験者や音楽講師の方々は是非読んで下さい♫

今回は完全に個人的な意見かもwww

セッション初参加者への、
アドバイスの仕方

コード白玉しか弾けないのに、

「もっと弾いて良いですよ〜」とか。

8ビートしか叩けないのに、

「もっと叩いて良いですよ〜」とか。

初めての生バンドなのに、

「周りの音聞けました?」とか。

個人的には、

この類のアドバイスは早いと思います。

状況次第ですがwww

なにより初参加の勇気を称えるべきかと。

「いや〜緊張した事でしょう!よく頑張りました!
素敵でしたよ♫」

とか褒めて伸ばす方が良いと思います。

  • もっと弾けるようになってから参加しよ…。
  • もっと叩けるようになってから参加しよ…。
  • バンドで歌うの早かったかな…。

とか感じてしまう人もいます。
回数重ねて多少慣れてきたら、
アドバイスすれば良いと思います。

アドバイスする人は音楽やセッション愛が強いでしょう♫

素敵な事です!

気持ちが強い人は(楽しさを分かって欲しい欲)も強いかもwww

何となく音楽好きって方々も沢山いますので、

まずは初参加した事を、
褒めると良いと思います。

それが最高のアドバイスかもしれません。

自分は、

「もう一回あとで演奏してみましょう!
演奏内容は同じで良いですよ!」

とかは言います。

そうすると、

「二回目はちょっと楽しめました〜。」

みたいな意見が多いです♫

音楽を楽しめるなんて素敵です!!

基本的に、

褒めて伸ばしましょう!

次回はセッション初心者に向けての、

アドバイスの仕方を書こうと思います〜!

セッション風景

この記事を執筆したLiveArt音楽教室について

  • 楽器や歌との出会いで、充実の日々を。
  • 演奏の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • 音楽の楽しさと技術を。そして知識と経験を。

LiveArt音楽教室の大切にしているテーマです!!

音楽で笑顔な毎日が増えますように!!