合原晋平

LiveArtドラム教室講師の合原晋平です!

今回のテーマは、

「個人練習中は、どこを見てればいいの??」

です!

意外と悩んでいる方が多い、視線の向け方。

自分のドラムレッスンでも言う機会が多いです!

ドラマーは前を向いて個人練習しよう!

スタジオの個人練習で、ちゃんと前を向いている方は意外と少ないです。

どこに視線を向けてしまうかというと…

  • 左を向いたまま叩いている。
  • 下(右足辺り)を見ながら叩いている。
  • 前を向いているが目を閉じている。

この3つが非常に多いです。

個人練習で起きている事は、アンサンブルで起きている可能性が高いです。

ドラマーが前を見ないデメリット

  • アンサンブルのコミュニケーションが取れない
  • Queを見逃すとアンサンブルが崩壊してしまう
  • 左側を向いて叩くクセ→重心が左に偏りがち
  • 下を向いて叩くクセ→猫背気味になってしまう

いかがでしょうか??

良くない事だらけですよね??

なので、

譜面を見ながら練習する時も、ある程度叩いたら譜面を見ずに…

前を向いて目を開けて叩く事を心がけましょう!

それでbeatが凄く良くなるドラマーが多いです!

この事はピーターアースキンの教則本の冒頭にも書いてあります。

ドラム教則本

ピーターアースキン ドラムセットエッセンシャル vol.1 (CD付) 

 

ご興味ある方は是非!

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を。
  • ドラムの奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ドラムの楽しさと技術を。音楽の知識と経験を。

♫無料体験レッスン受付中♫

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

通いやすい場所をお選び下さい!