LiveArtベース教室講師のヤノアツシです!

Official髭男dismのPretenderを「1コーラス」演奏&説明しました。
レギュラーチューニングで演奏したので、皆さんも「いつものチューニング」で演奏が出来ます!

Pretender・ベース演奏・ベース練習

  1. Pretender「1コーラス」ベース演奏動画
  2. イントロの説明
  3. Aメロの説明
  4. 2回目のAメロの説明
  5. Bメロの説明
  6. サビの説明
  7. Pretender「1コーラス」ベースTAB譜
  8. Pretenderを実際に演奏するには?

1,Pretender「1コーラス」ベース演奏 動画


2,イントロの説明

4小節目がポイント!
3弦1フレットを弾いてから、3弦6フレットにスライドさせます。
つまり…
3弦1フレットの音をスライドさせながら3弦6フレットへ。
この弾き方で原曲のベースの雰囲気が出ます!


,Aメロの説明

4弦4フレットの音を伸ばします。
そして曲に合わせて音を切りましよう!
1のタイミングで音を切ると良いです。
まずは意識してベース練習しましょう。


4,2回目のAメロの説明

リズムが少し複雑なので…
1・ち・2・い・3・ん・4・い
平仮名の部分をリズムのウラと言います。
頭の中でこの数え方を意識しながらベース練習しましょう!

・Aメロ4小節目
2弦3フレットから8フレットにスライドがあります。
スライドした先の右手は弾きません。
スライドさせて音を出します!

・Aメロ7小節目

  1. 3弦6フレットから8フレット
  2. 2弦6フレットから3弦8フレット
  3. 最後は2弦6フレット

このようにベースを弾きます。
そして、3弦6フレットから8フレットを弾く時…
8フレットの音を右手で弾かずに、左手で6フレットの音を弾いた後に叩いて8フレットの音を出します。

これを、ハンマリングと言います!

ベースはニュアンスが大事です。


5,Bメロの説明

ベース動画の演奏部分や原曲を繰り返し聴くのがオススメです。
TAB譜も参考になればと思います!
Pretender,Bメロのベース演奏TAB譜


6,サビの説明

・サビの4小節目
4弦1フレットから3弦6フレットへスライドするニュアンスがあります。
弦は違うんですけど原理は一緒です!
3弦6フレットへ滑らかに繋げるのがオススメです。


7,Pretender「1コーラス」ベースTAB譜

この動画とTAB譜を繰り返し観て、手の動きも観て、一緒にベース練習しましょう!

Pretender


Pretender2


8,Pretenderを実際に演奏するには?

LiveArt音楽教室は生徒様同士で演奏する機会を多く設けております。
Official髭男dismのPretenderは定番曲です!
もちろん自由参加で見学も大歓迎です。

この記事を執筆した
LiveArtベース教室について

  • ベースとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ベースの楽しさと技術を。そして知識と経験を

場所を選べるベース教室
ベース貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加