LiveArtウクレレ教室講師の福田です!

今回は井上 陽水さんの【少年時代】をコードバッキングスタイルにてKey Cで演奏してみました。
※コード進行はウクレレに合うように多少アレンジしております。

少年時代・ウクレレ伴奏


  1. 少年時代・ウクレレ伴奏動画
  2. 少年時代・ウクレレ練習のコツ
  3. ウクレレ無料楽譜
  4. 実際に弾くには

1,少年時代
ウクレレ伴奏動画

全体の構成は、短めのイントロから始まり、Aメロ、Bメロ(サビ)を通過し、再度Aメロ(譜面上ではA’と表記)、最後にアウトロというサイズです。

ウクレレ楽譜もアップしますので、ウクレレ練習に役立ったら幸いです!

2,少年時代
ウクレレ練習のコツ

コードフォームに関して

Bメロで登場する「Bm7(-5)」と「Em7(-5)」というコードは、一般的に登場頻度が少ないコードかと思いますので事前にチェックして頂けると円滑かと思います。

右手は全編通してコードストロークで

(アウトロの一番最後コード(C)だけアドリブ的に一瞬、アルペジオも登場しています)
イントロからAメロにかけては8分音符のバッキング。
Bメロは16分音符が混じるバッキング。
Bメロ以降はまた8分音符に戻るように弾いております。

弦へのタッチに関して

指の肉で当てると柔らかい音になるのですが、爪で当てると硬い音になります。
今回は基本的に弦に爪を当てる気持ちでシャキッとした音色でプレーしています。
また、曲の頭からBメロまでは人差し指を弦に当てて演奏しており、Bメロ以降は中指に変えてみました。
弦に触れている指が変わるので、ほんの少しですが音色が変わっています。
(動画で伝わるといいですが。)


少しマニアックな話になりましたが、、、
シンプルな曲の中でこそ「細かなニュアンスの変化」というところにテーマを置いて演奏してみると…

「ただそこに書いてあるコードをなぞっている」という状態から
「自分なりの解釈を持って鳴らしている」という方向に変わってくると思います。

楽曲を演奏することの楽しみ方を多方面から捉えて、色々な面から音楽を楽しんで下さい!

3,少年時代
無料楽譜


少年時代,ウクレレ楽譜


4,実際に弾くには

ある程度弾けるようになったら、他のコースの生徒さんたちと一緒に弾いてみましょう!
LiveArtウクレレ教室は月イチのペースでセッションイベントを開催しており、生バンドで弾く楽しさを実感していただいております。
どのような雰囲気なのかはイベントの様子を記載した下記ブログをどうぞ。

この記事を執筆した
LiveArtウクレレ教室について

  • ウクレレとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ウクレレの楽しさと技術を。そして知識と経験を

場所を選べるウクレレ教室
ウクレレ貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加