ドラム教室 親睦会

LiveArtパーカッション教室講師の松岡健です!

今日は斉藤和義さんの[歩いて帰ろう]をカホンで演奏する場合の解説を行います♫

まずはカホン用の譜面をどうぞ!!

斉藤和義、歩いて帰ろう、カホン用譜面


斉藤和義,歩いて帰ろう,カホン用譜面



斉藤和義,歩いて帰ろう,カホン用譜面



斉藤和義,歩いて帰ろう,カホン用譜面


歩いて帰ろう、カホン①

基本となるリズムパターンは殆ど同じで大丈夫です!

手順を参考に叩いてみましょう♫

こちらの動画も参考にどうぞ!

譜面3枚目の「基本パターンの手順」を叩いています。

歩いて帰ろう、カホン②

リズムパターンに慣れたらタンバリンも入れてみましょう!

こちらの動画も参考にどうぞ!

譜面3枚目の「左足でタンバリンを踏むパターン」を叩いています。

個人的には歌が入っていないセクションに入れると良いと思います!

メリハリが出てくるでしょう!

[intro][gt solo][outro]に入れてみましょう♫

歩いて帰ろう、カホン③

2枚目Bメロは「セカンドライン」と呼ばれている有名なリズムパターンです。

とても良いアレンジでかっこ良いです!

3枚目の解説も参考に練習してみましょう♫

歩いて帰ろう、譜面の読み方

譜面の読み方は、こちらのブログも参考にどうぞ!!


こちらのブログでも「歩いて帰ろう」を解説しております!

ドラム用ですが、練習の仕方は同じです♫


まとめ

いかがでしょうか??

有名な曲なのでセッション等で演奏している方々が多いと思います。

そんな曲をカホンでも演奏してみましょう!!

LiveArtセッション情報はこちらです♫

毎月開催中!

「歩いて帰ろう」叩きに来て下さいね〜!


この記事を執筆した
LiveArt秋葉原パーカッション教室について

  • パーカッションとの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • パーカッションの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

無料体験レッスン受付中!