弾き語り教室 レッスン風景

LiveArtボーカル講師,弾き語り講師の金武です。

いよいよ冬真っ只中、寒さとの戦いが始まりましたね。

僕は昔から、冬が声が出づらいと感じていたので、寒くなると、夏場よりも歌のためのケアを入念に行うようにしています。

冬場の声のケアの仕方

乾燥の話はよくみなさん耳にすると思います。

乾燥対策はもちろん、歌い手としては当たり前にやってくださいね!

その上で、何が大切かというと、

冬に重要なのはストレッチやウォームアップ

冬は、どうしても、布団から出るのが億劫になって、寝ている時間が長くなったり、活動していても体が縮こまったりしてしまいますよね。

歌や楽器もスポーツと同じで、

「体がほぐれているか」「温まっているか」

パフォーマンスに大きく影響します。

ついつい本番直前まで肩をすぼめて座ったまま…。

ということがあるかもしれませんが、

体が固まっていると…

  • 声帯や周りの筋肉の動きが悪くなる
  • 音程が悪くなる
  • 余計に力の入ったフォームになってしまう
  • 声が枯れたりする

こういった事になる可能性もあります。

いつもの感じで歌えるようにするためには?

まずは起きたときに、

「しっかり体全体を伸ばして、ほぐしてあげましょう!」

そうすることて、代謝も上がって体が温まりやすくなります。

そこから、

「ウォームアップをして、本番に臨みましょう!」

歌はとてもデリケートです。

「いつもより調子がいい!」という感覚よりも、「なんか調子が悪い、出づらい気がする」という感覚になる方が多いと思います。

なので、なるべく「いつものかんじで歌えるように」することがとても重要です。

冬場の体のケア、気をつけてみてください!

弾き語りレッスン風景2

この記事を執筆した
LiveArtボーカル教室について

  • 歌との出会いで、充実の日々を。
  • ボーカルの奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ボーカルの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

通いやすい場所をお選び下さい!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!