ベース教室イメージ

ベース教室講師の東です!
梅雨でジメジメしてる時期になってきましたね。

こんな時は…
湿気の影響でネックが反りやすくなっています。

なので…
ベースのネックの反りを防ぐ方法をお伝えします。

今日から誰でも出来る簡単な方法です!
是非参考にして下さい。
普段のベースレッスンでも伝えている内容です。

ベースのネック説明

ちなみにベースのネックとは、この左手で弦を押さえる部分。
僕は左利きなので右手でネックを持ちます。

ベースのネック説明

そして反りには順反りと逆反りの二種類があります。


順反りとは

弦に対して弓なりにネックが曲がってしまうこと。
弦のテンションが原因。
弦高が高くなり、演奏しにくくなる。

ベースの弦、順反りの説明


逆反りとは

順反りとは逆の状態のこと。
音が詰まりやすくなる。
ベースの弦、逆反りの説明

ベースの反りを簡単に防ぐ方法

僕自身も細かなベースのメンテナンスはしていないのですが、唯一決めてやっていることがあります。
それは…

ベースを弾いていないときは弦を緩める

これだけで反りは割と防げます。
諸説諸々ありますが、僕自身は反りのトラブルは少なくなりました。
この季節には特にオススメです。
ベースレッスン後にも弦は緩めましょう!
是非今日から実践してみましょう!

ベースレッスン風景

この記事を執筆した
LiveArtベース教室について

  • ベースとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ベースの楽しさと技術を。そして知識と経験を

場所を選べるベース教室
ベース貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!