ギター教室 レッスン風景

LiveArtギター教室講師の川上です。

一人で好きな曲をコピーする時も、バンドで一緒に演奏する時も、楽譜を見る機会は出てきます。

耳で聞いて音を覚えるのもいいですが、楽譜にある音符からリズムを読み取れるようになると…

楽器演奏がより一層楽しくなりますよ。

楽譜を読むとっかかりとしての、音符の長さの読み方を紹介します。

リズムを楽譜から読み取ろう

音符はそれぞれ、こんな呼び方をします。

音符の呼び方

LiveArtギター教室 音符の呼び方


それぞれの音の長さは下記のようになります。

  • 4分の4拍子の1小節の長さの 全音符
  • 全音符の2分の1の長さの 2分音符
  • 全音符の4分の1の長さの 4分音符
  • 全音符の8分の1の長さの 8分音符
  • 全音符の16分の1の長さの 16分音符
  • 全音符の32分の1の長さの32分音符

休符も同様です。

1種類の音符で1小節を埋めるとこんな感じです。

音符の長さ

LiveArtギター教室 音符の長さ


8分音符や16分音符みたいに符尾(旗みたいなひらひら)がついている音符が複数並んだ場合、隣同士の符尾を繋いで表現したりします。

下記の譜面はこれらを組み合わせてみました。
長さのイメージも合わせて記載したので、歌ってみましょう。

楽譜でリズムを歌ってみよう

LiveArtギター教室 楽譜でリズム


まとめ

ギタリスト以外の方々にも参考になればと思います。

まずは歌ってみましょう。

最後の楽譜の小節を入れ替えて歌うのもおすすめします。

2小節目→4小節目→1小節目→3小節目

みたいな感じです。

一度ギターを置いて手拍子でチャレンジするのも良い練習です。

色々試して下さいね!

ギター教室バナー

この記事を執筆した
LiveArtギター教室について

  • ギターとの出会いで、充実の日々を。
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を。
  • ギターの楽しさと技術を。そして知識と経験を。

場所を選べるギター教室。
ギター貸し出しあり!

新宿、西武新宿、高田馬場、池袋、大塚、
巣鴨、駒込、田端、上野、御徒町、秋葉原。

無料体験レッスン受付中!