ドラム教室 レッスン風景

LiveArtドラム教室講師の合原晋平です!
今回はハイハットの開き具合についてお話しさせていただきます!

ハイハットの開け具合は悩むドラマーが多い

ドラムセット 画像

引用基本的なドラムセットサウンドハウス

ドラム生徒さんからも、よくある質問の一つ
「ハイハットのトップとボトムはどのくらい開けばいいのか…よく分からない…」
とお聞きします。
やはり皆さん悩んでいるのでしょう。
自分も試行錯誤しました。

トップとボトムの間は指2,3本開けよう

これが正解!というのは正直ないのですが目安として…
ハイハットのトップとボトムの間に、指2本もしくは3本入れて、クラッチを閉めましょう。
写真で見るとこんな感じです。

ハイハットの開け具合,指2本

LiveArtドラム教室,ハイハットの開け具合

ハイハットの開け具合,指3本LiveArtドラム教室,ハイハットの開け具合

恐らくほとんどの方が最初は開きすぎてコントロールが難しいと感じると思います。
ですがその状態でしばらく練習すると不思議と慣れてきます!

こちらのセッティングだと様々なハイハットオープンの音色が出せるようになります。
是非ご参考までに!

ドラム教室_レッスン風景

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ドラムの楽しさと技術を、そして知識と経験を

場所を選べるドラム教室。
スティック貸し出しあり!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原