ドラム教室 レッスン風景

LiveArtドラム教室の松岡です。

アクセント移動を一緒に練習しましょう!
アクセント移動とは…強打と弱打と使い分ける練習方法。
ドラミングにメリハリがつくオススメ基礎練習です!

アクセント移動はドラム未経験者には難しい内容です。
未経験者はこちらのブログをご参照下さい。

アクセント移動のドラム練習しよう


    1. ドラム/アクセント移動/練習動画
    2. ドラム/アクセント移動/練習楽譜
    3. アクセント移動/練習のコツ
    4. 実際に演奏するには

動画では4つのアクセントをシングルストロークで叩いています。
シングルストロークとは1振りで1打叩くこと。

  • 16分音符の1つめ
  • 16分音符の2つめ
  • 16分音符の3つめ
  • 16分音符の4つめ

それぞれを4小節づつ叩いています。
腕を振り上げるタイミングがアクセント移動のコツ。

動画の腕を振り上げる動きが参考になれば幸いです。
まずは下記の動画を御覧下さい!

アクセント移動
ドラム動画

いかがでしたか?
動画で自分は逆手で叩いております。
つまり皆さんは自分の手の動きに合わせて叩けます。

腕を振り上げるタイミングがアクセント移動のコツ。

一緒にアクセント移動を練習しましょう!
自宅では練習パッドや座布団等を叩きましょう。

右足…4分音符
左足…2拍目、4拍目のみ

アクセント移動に慣れたら、この足の動きも入れましょう。
ドラム楽譜にタイミングを記入しております!

アクセント移動
ドラム楽譜


アクセント移動,ドラム練習フレーズ


アクセント移動
ドラム練習のコツ

まずはそれぞれのアクセントの位置を確認しましょう!
ドラムレッスンでは16分音符4つを「カラアゲ」と例えております。

アクセント移動練習で一番大切なのは…
腕を振り上げるタイミング

  1. 「カ」の位置にアクセント
    つまり「ア」で腕を振り上げます。
  2. 「ラ」の位置にアクセント
    つまり「ゲ」で腕を振り上げます。
  3. 「ア」の位置にアクセント
    つまり「カ」で腕を振り上げます。
  4. 「ゲ」の位置にアクセント
    つまり「ラ」で腕を振り上げます。

アクセント移動,ドラム練習ブログ交互に叩く事をオルタネートといいます。

まずはオルタネートで1番だけをゆっくり練習しましょう!
スネアや練習パットの真ん中をしっかり叩きましょう。

腕を振り上げるタイミングは動画を繰り返し観ましょう。

いきなりアクセント移動で練習するのではなく…
それぞれの番号から練習しましょう!

難しいアクセント移動は、2番と4番です。
なぜなら左手で強打と弱打を繰り返すからです。

何度も動画を観て反復練習しましょう!アクセント移動,ドラム練習ブログ2

アクセント移動が出来ないなぁと感じたら1番だけでもチャレンジしましょう。
腕を振り上げるタイミングを意識して、ゆっくり焦らず練習しましょう!

他のアクセント移動フレーズは曲で必要になってからでも大丈夫。

実際に演奏するには

ドラムがある程度叩けるようになったら、他のコースの生徒さんたちと演奏してみましょう!
LiveArtドラム教室は月イチのペースでセッションイベントを開催しており、バンド演奏を行う楽しさを実感していただいております。
どのような雰囲気なのかはイベントの様子を記載した下記ブログをどうぞ。

この記事を執筆した
LiveArtドラム教室について

  • ドラムとの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ドラムの楽しさと技術を、そして知識と経験を

場所を選べるドラム教室
スティック貸し出しあり!

東京…
新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

埼玉…
大宮 所沢 新所沢

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加