LiveArtピアノ教室講師の小岩です。

ピアノでポップス伴奏する際のコツ

ポップスでピアノ伴奏する時、コード譜を参考に演奏する場合、右手と左手で役割があります。
それを守れば、他の楽器とも上手く混ざって、良いサウンドに聴こえると思います。

ピアノのポップス伴奏の右手

まず右手は、コード(和音)を弾きましょう。
それプラス、拍に合わせて何回か同じ音を弾くと、ドラムと一緒にリズム感を出せます!
ドラムの演奏(特にスネアのタイミング)に注目して合わせてみましょう。

ポップス伴奏のコツ,右手

ピアノのポップス伴奏の左手

左手では基本的にコード(和音)は弾きません。
静かな曲調の場合に高い位置の鍵盤を弾く時にはコードを弾くことも多いですが、低い位置(ピアノの真ん中の”ド”より下)でコードを弾くと、響きが重くなります。

右手のサウンドはもちろん、他の楽器のサウンドにも悪影響を与えます。

ですので、左手のコツは、

  • コードネームの音を単音またはオクターブ弾き
    (コードネーム”C”の場合、低い”ド”の音)
  • コードの構成音3つのうち真ん中を省いて弾く
    (コードネーム”C”の場合、ドミソの”ミ”を省いて”ドとソ”を弾く)

これに気を付けると、他の楽器の音も聴き取りやすいすっきりした響きになります。
更にベースが弾くタイミングに合わせると、より良いサウンドになります。

ピアノのポップス伴奏の左手
動画解説

動画でピアノでポップス伴奏のコツを解説してます。
分かやすいコード楽譜もありますので、プリントアウトしてピアノ練習しましょう。
最初は難しいかもしれませんが、コツを掴めば簡単なので、ぜひ挑戦してみてください!

ピアノでポップス伴奏する際のコツ
コード楽譜


ピアノでポップス伴奏する際のコツ,コード楽譜


コードの弾き方ブログはこちら!

この記事を執筆した
LiveArtピアノ教室について

  • ピアノの出会いで、充実の日々を
  • 音楽の奥深さを感じて、豊かな感性を
  • ピアノの楽しさと技術を、そして知識と経験を

場所を選べるピアノ教室
キーボードもOK!

新宿 西武新宿 高田馬場 池袋 大塚
巣鴨 駒込 田端 上野 御徒町 秋葉原

ラインからのお問い合わせも大歓迎です!
友だち追加